好きなものだけ語ります。

男の嵐ファンが嵐について語ります。

【オリジナル】「パンスターズ」ラボチックス

youtu.be


きっかけ

2014年、大学3年生。

「曲作ろうよ。」と1歳年上の先輩から何の気なしに言われた。

 

当時、軽音サークルでコピーバンドばかりしていたが、

その時初めて”自分で曲を作る”という選択肢に気がついた。

 

その先輩は、軽音サークルの他に天体研究サークル(以下、天研)にも所属していて、

その天研のテーマソングが作りたいということだった。

「どうして部外者の俺がつくるんだ?」という疑問は後になって思ったが、

当時は先輩に作曲の依頼をされたことが嬉しくて舞い上がっていた。

  

 

コンセプト

まずはどんな曲にしたいかイメージを固める必要があると思った。

”天体”と聞いてイメージされるのは、 BUMP OF CHICKENの「天体観測」

www.youtube.com

天体にまつわるロックバンドの曲として、これ以上無かった。

この曲をイメージしつつ、自分流にしていくことにした。

 

当時、KANA-BOONにハマっていた。

中でも特に好きだったのが「1.2. step to you」

www.youtube.com

この曲の疾走感x焦燥感がとても好きで、

爽やかだけど切ない4つ打ちの曲にしようと思った。

 

コード進行は自分が好きなadd9を利用したコードで。

理論とかはわからないけど、これまでの経験から簡単で切ない響きのものを選んだ。

クリープハイプの「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」と似ている。

www.youtube.com

 

メロディ

これはもうコード進行をひたすら弾きながら口ずさんで

ビビッとくるものを探し続けた。

自分は滑舌にはそこそこ自信があったので、

キャッチーだけど言葉をたくさん詰め込んだメロディにしようとは思った。

 

歌詞

歌詞は自分なりに天研のストーリーをイメージした。

多くの曲で「明けない夜は無い」と歌われるけど、

天研の人は夜が明けてほしくないのではないか?

というのを皮切りに、夜が明けてほしくない男女の青春ソングでいくことにした。

(皆で星空見に行くらしくて、めっちゃ青春じゃん!と思ってそういう歌詞にしたら、

後日天研の人から「こんなに青春してないわ」と突っ込まれた。)

 

この曲は時系列に話が進んでいて、

1番は星空を見に行くまでの過程。

2番は星空から”君”に焦点が移っている。

最後は”午前2時”が過ぎるところまで。

(午前2時というのはもちろん、あの曲のオマージュです。)

 

夜が明けてほしくないことを願う先はもちろん流れ星。

流れ星は3回願いを唱えると叶うと言われているから、

この曲中でも3回、夜が明けないことを願っている。

 

初めて自分で作詞作曲して、バンドメンバーに伝えなきゃいけないんだけど、

もう何もかもが恥ずかしかった。笑

当時は打ち込みを作る技術もなかったから、自分のギターと歌をスマホに録音して、

じゃあみんな乗っけてね!よろしく!という手法をとった。

歌詞はみんなにも相談して、”無限遠”などの天体ワードを盛り込んだ。

そしてタイトルの「パンスターズ」は、ちょうどその時接近していた彗星の名前。

 

初めてスタジオの練習に入って、どう始めたら良いかもわからなかったが、

いざやってみると驚くくらい曲になっていた。

さすが先輩たち。(他のメンバーは全員私より1歳年上。)

 

レコーディング

何度か練習して、今度は初めてのレコーディング。

メンバーみんなと1つの車でスタジオに向かって、もうそれだけで嬉しかった。

いざスタジオにつくと、テレビとかでよく見るThe・レコーディングスタジオで、

それはそれはもう緊張ですよ!

この曲を録ったのは愛知県豊田市VoxBoxさん。

http://voxboxstudio.com

担当の方がとっても優しい人&仕事の早い人で、

初めての自分たちには早すぎるくらいポンポンレコーディングが進行していった。

 

また、「ハモリはつけないの?」と聞かれて、

「しまった、ハモリにまで意識がいってなかった」

と思ったが、担当の方がその場でハモリも考えてくださった。

ハモリってめちゃくちゃ重要で、これだけで一気に”曲”っぽくなるんですよ。

(ハモリは実は同じものを2本録ることが多い。

その微妙に違う2本のハモリを左右に振り分けて流すことで、

自分の声に2人の自分がハモることになる。)

 

 無事、8時間のレコーディングで完成した。

初めてのことだらけだったが、その全てが憧れで、楽しい時間だった。

 

おわりに

後日、天研のイベントに伺ったら、本当に「パンスターズ」が流れていた。

3日間のイベント中ずっと流してくれたらしく、ある人は夢にまで出てきたという。

本当にありがとう。

今となっては、青春が恥ずかしくて聞けない。笑

 

パンスターズ

 

日が沈むのを待っていたんだ

赤白で組分け ドレミファと歌を歌って

夜行性の僕たちの時間さ

アクセル踏み込んで 暗闇を掻き分けていく

 

気が付けば辺りは暗くなって静まり返ってる

息を呑むような雰囲気がひりひりと伝わる

今か今かとはやる気持ちで頭上を見上げる

それはそれは 見たこともない空

 

ありがとう僕の思い出たちよ この星となりきらり輝いていて

さよならなんて言えるわけないから少しだけ淋しい目をしたんだ

いつまでも君の横にいたいけど暗闇が僕を惑わせるんだ

もしも次星が流れたらどんな願い事を願おうか

 

のらりくらりと過ぎてく瞬間

華麗なステップを踏んで ソラシドと歌を歌って

当たり前とは違うこの瞬間

無限遠のピントで 散らばる光を集めよう

 

Ah こんなそばにいるのに ah 手を伸ばしてるのに

何光年も遠くの話さ

 

生憎の空で流れ星はもう見れないと諦めていたんだ

午前2時が過ぎ沈黙が続き心臓の音がばれてしまいそう

淋しい目をした君の瞳にきらりと流れる星を見つけた

願いを言うなら今しかない この夜よ 明けないで

 

ありがとう僕の思い出たちよ この星となりきらり輝いていて

さよならなんて言えるわけないから少しだけ淋しい目をしたんだ

いつまでも君の横にいたいんだ ただそれだけなんだ

流れ星よ願いを叶えて この夜よ 明けないで

 

明けないで