好きなものだけ語ります。

気になった音楽について語ります。

【ACC】おしゃれシティポップバンドAwesome City Clubの魅力に迫る!【おすすめアーティスト紹介】

Awesome City Club

f:id:shibadrive:20200503002633j:plain

 

概要

2013年東京にて結成。

POPS/ロック/ソウル/R&B/ダンスミュージック等、幅広いルーツをMIXした、男女ツインヴォーカルの4人組。

2015年にファーストアルバム「Awesome City Tracks」をリリースして、そこから毎年コンスタントに活動されています。

結成時のコンセプトは「架空の都市のサウンドトラック」で、まさしくシティポップを奏でています。

ACCとか、オーサムと略されることが多いです。

 

ACCを一言で言うなら、”おしゃれ男女ツインボーカルバンド”

音楽もおしゃれだし、ファッションやミュージックビデオもすごくおしゃれです。

また、踊れる曲が多いので、夜のドライブなんかにピッタリです。

 

2020年はメジャーデビュー5周年イヤー!ということで

年明けから3ヵ月連続配信シングル、そして4/29にはフルアルバムがリリースされました。

さらに大きなイベントも開催予定ということで、今年要チェックのバンドとなっています。

 

以前このバンドをコピーさせていただいたんですが、めちゃくちゃ楽しかったです!

その時のメンバー全員でライブにも足を運んで、”この曲はこんなアレンジなのか〜じゃあ俺たちもこうしたいね!”ってモチベーションを高めて。

そのライブで買ったTシャツを着て自分たちもライブしたっていうのがすごくいい思い出です。

メンバー

atagi (Vocal/Guitar)

ACCのほとんどの曲で作詞作曲しているバンドの中心人物です。

声がめちゃくちゃよくて、私もすごく参考にしています。

いろんなインタビューなどを読むと、どうやらこだわりが強いみたいです。

PORIN (Vocal/Synthesizer)

すごい可愛くて、バンドのアイコン的な役割を担っています。

ファッションブランドを立ち上げたり、髪の色がころころ変わったりでおしゃれです。

ボーカルとしてどんどん進化していて、最新アルバムは完全に覚醒しています。

モリシー (Guitar/Synthesizer)

ボリューミーな髪をわっさわっさ揺らしながら楽しそうにギターを弾いてるのがすごい好きです。

他にも曲によって違う楽器を弾くこともあって、弾けない楽器はないんじゃないかな?

それくらい万能で、一番仕事人です。

それもあって、他のアーティストのサポートでギターを弾いたりもしています。

ユキエ (Drums)

スポーティなかっこよさがあって、PORINさんと双璧を成す人気ドラマーです。

ex)マツザカタクミ(Ba/Synthesizer/Rap)

もともともうひとり、マツザカさんがいましたが、2019/8/14に脱退してしまいました。

このバンドを発足した中心人物だったんですが、こだわりが強いatagiさんとぶつかっちゃったのかな?

これは完全に個人の推測なので、真意はわからないです。

 

まず聞いてほしいおすすめ曲

今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる

この曲が最もACCらしい曲だと思います。

おしゃれで、ダンサブルで、男女ツインボーカルが活かされた楽曲になっています。

ACCの曲は大人の男女の恋愛模様を描いたものが多くて、そういう危ない雰囲気もこの曲の特徴です。

アウトサイダー

YouTubeの再生回数はこの曲が一番多いです。

爽やかでポップで、カッティングがすごく気持ちいいです。

ただ、この曲をギターボーカルでやったんですが、歌いながらカッティングが難しすぎて!

これ一緒にやるもんじゃないです!ほんとに!

atagiさんは歌もギターも上手いなぁ〜すげぇ。

アンビバレンス

2020年、最新型のACCを体感できる曲です。

サウンドのタイトさ、今っぽさがとにかく進化しています。

曲の最後の”さよーなーらー!”がエモくて好きです。

個人的なおすすめ曲

 

Vampire

このキラキラしたポップさと、サビのキャッチーさが最高です!

この曲は全編PORINさんが歌っています。

こういう打ち込みを取り入れた曲を作ってみたいんですよね〜。

SUNNY GIRL

明るいサウンドで、すごく元気が出ます!

ACCにしては珍しく前向きに女性のことを歌っていますね。笑

SUNNYっていうのもあって、お出かけのときにピッタリです!

Into The Sound

グルーヴがめちゃくちゃかっこいいし、何より歌ってて超気持ちいいんですよー!

あんまりライブでも披露されないんですけど、この曲はイチオシです。