好きなものだけ語ります。

男の嵐ファンが嵐について語ります。

【嵐】隠れた名曲No.1も収録されたシングル「Happiness」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190513193243p:plain

 

2007年9月5日発売されたの20作目のシングル

 

1.Happiness

作詞:Wonderland、作曲:岡田実音、編曲:北川吟

 

ニノと翔くんが出演したドラマ「山田太郎ものがたり」の主題歌。

キャッチーロック疾走感のある曲になっています。

 

この曲は嵐を代表する曲として3本指に入るんじゃないでしょうか。

何かとメディアに出るとき(紅白とか)はこの曲を歌っているイメージです。

 

ドラマも懐かしいな〜!2人が王子様の役なんだよね!

ニノは貧乏なんだけど、それを一生懸命隠して生きてる役だったと思う!

上のジャケット写真見ても、2人あざとすぎんぜ〜〜〜

 

この曲も実は「Love so sweet」と同様にサビで転調しています。

ラブソーよりも自然に転調しているのでわかりにくいかもしれませんが、

一番最後の”Yeah Yeah Yeah”はイントロの”Yeah Yeah Yeah”より低くないですか?

男からするとイントロはめっちゃ高いんですが、アウトロは歌いやすくなるんです

これは転調しているからこそですね。

 

2.Still...

作詞・作曲:多田慎也、Rap詞:櫻井翔、編曲:NAOKI-T

 

大好きな多田さんが作られた、爽やかで切ない別れの曲。

そんな多田さんの曲の中でも1,2を争うくらい神曲です。

 

嵐のカップリング曲ランキング1位になったこともあるくらいめちゃくちゃ人気。

”この曲推してるの俺くらいじゃろ〜!”と思っていましたが、意外とちゃんとみんな推してました。笑

 

多田さんお得意の胸を締め付けるような切ない進行、メロディはもちろんですが、やはり何と言ってもサクラップが最高

まずめちゃくちゃ長い!想像の倍ある!ファンとしては本当に嬉しいです!

 

ラップの内容も、これまで度々書いてきた物語を紡ぐ系の集大成。

それぞれの夢のためにお別れ。だけどいつかまた絶対再会しよう。という内容で、これを翔くんが書いて歌うことによってこの曲が嵐の曲になるんです

やはりサクラップの強みはここだと思います。

 

サクラップが無ければフィクションなんだけど、自分の言葉で自分たちの曲にしてしまうことで一気にリアリティが増します。

また、ラップというのはメロディに縛られないため、より言葉に近いと思います。

この説得力がこの曲の人気の秘訣だと思います。

 

あと”迂回路でも”のメロディ好きすぎるんじゃ〜〜〜!

 

3.Snowflake

作詞:小川貴史、作曲・編曲:HYDRANT

 

初回版のみ。

好きな人と別れたけど忘れられないことを歌った切ない曲。

 

この曲も割と好きです。

バラードに属するとは思うんだけど、しっとりしすぎて無くて聞きやすいです。

やっぱり5人の歌声が合わさると気持ちいいですね!

 

サビ後半のメロディが何とも不思議というか、”そこをなぞっていくんだ〜”と勉強になります。

ラスサビでもまた違うパターンなのがまた面白いです。

 

相葉ちゃんのソロから始まる曲ってのは珍しいですね。

少なくともカップリング曲では初めてじゃないでしょうか。

 

 

2007年の嵐は本当に飛躍の年ですね。

曲もとても恵まれていて、ここからしばらくはバブル期です。笑