好きなものだけ語ります。

男の嵐ファンが嵐について語ります。

【嵐】藤井フミヤ作曲のシングル「瞳の中のGalaxy/Hero」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190411220749p:plain

2004年8月18日に発売されたの13枚目のシングル

 

 

1.瞳の中のGalaxy

作詞・作曲:藤井フミヤ、編曲:CHOKKAKU

 

ニノ主演の ドラマ「南くんの恋人」の主題歌で、作詞・作曲はあの藤井フミヤ

本当に藤井フミヤ節全開で、とってもロマンチックなバラードです。

 

私が推したいのは何と言ってもサビの転調

サビの真ん中で大胆な転調、しかもそこの歌詞が

そして僕は星座になって君のそばにいるよ

だなんてロマンチックすぎるぜ・・!!

 

ドラマは、ニノの恋人はちっちゃいフカキョンってやつです。

(全然覚えてない・・・)

 

2.Hero

作詞:SPIN、作曲:谷本新、編曲:石塚知生

 

 2004年アテネオリンピックのイメージソングで、

優しく背中を押してくれるような曲。

 

私はオリンピックというよりも「24時間テレビ」のイメージが強い。

嵐が初めてメインパーソナリティを務めて、

相葉ちゃんがメンバーに手紙を送った思い出深いあのシーン。

頑張ってもなかなか芽が出ない嵐だったけど、

この手紙がファンの、そして何より嵐自身の結束を高めたと思います。

そんな大切な瞬間に側にいたのがこの「Hero」。

 

コンサートでも終盤に披露されることが多くて大切な曲だけど、

最近は披露される回数が減ってしまって少し悲しい。

「5x20」ツアーですら披露されてないからね!どうしてだ!

 

この曲を聞くだけで胸が熱くなります。

 

3.Hey Hey Lovin' You

作詞:久世まりあ、作曲:コモリタミノル、編曲:CHOKKAKU

 

ジャバァァ!!!

この3曲の中では1番元気で明るい曲。

ティンバレスの音やノリがラテンの雰囲気を演出してます。

ティンバレスがあると一気に夏っぽくなるよなぁ〜。

 

カップリングの中では割と上位に好きです。