好きなものだけ語ります。

男の嵐ファンが嵐について語ります。

【嵐】初期の名盤。アルバム「How's it going?」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190409233458p:plain

How's it going?

2003年7月9日に発売された嵐の3rdアルバム。

 

今の嵐の基礎ができつつあることを感じます。

メンバーの声にかかるエフェクトが減って、ようやく素直にメンバーの声を感じることができるようになってきました。

こうなってからが楽しいですよね!

にしても大野くんは本当に歌が上手い。

今より表現が過剰なところも若くて良い。

 

楽曲も、今でもライブ定番になっている曲があったり、かっこいいものとポップなものとバラードのバランスが非常に取れています。

嵐初期の名盤だと思います。

 

1.とまどいながら(album version)[5:27]

作詞・作曲・編曲:オオヤギヒロオ

シングルよりイントロが長くなってます。

バラード始まりって斬新。

www.shibadrive.com

 

2.Crazy groundの王様[4:01]

作詞:ma-saya、作曲・編曲:大野宏明、Rap詞:櫻井翔

 

おぉ〜イカすねぇ。サクラップ多めのクールな曲。

次の曲に向けて徐々に上がっていく感じが良いです。

 

3.Lucky Man[5:01]

作詞:尾崎雪絵、作曲:飯田建彦、編曲:大坪直樹、Rap詞:櫻井翔

 

ライブでは高確率で披露される超ハイテンションな人気曲

サクラップの難易度も超高め。

アルバム曲にもかかわらずPVが作成されました。

 

このアルバムが発売されるときにファンミーティングが開催されて、1枚当たったんですよ!

母を差し置いて小学4年生・男子の俺が参戦することになったんですが、会場は当然大人の女性ばかりですんごい怖かった。笑

身長も無いから柵に必死に捕まって見てました。

そのファンミーテでPVが初お披露目されて、もうめっちゃテンション上がりました!

1サビ後、翔くん先頭に踊るダンスシーンがたまらねぇ〜〜!!

DVD出てからは何度も巻き戻して覚えました。

 

5x20ツアーでも披露されたんですが、その時のバックに流れる映像が気持ち悪くてそっちしか目がいかなかったです。笑

 

4.身長差のない恋人[6:15]

作詞:TAKESHI、作曲・編曲:長岡成貢

 

きたー神曲!!!

ラッキーマンからシームレスに繋がるように始まって、そこそこ長いイントロ(楽器がどんどん加わってかっこいい!)からのWe can dance!

4つ打ちのノリが良いファンキーなビートなのに、どこか切なさを感じさせるサビのメロディが魅力的。

音の積み方がすごく好きで、特にパーカッションたちがいい味出してるんだよなぁ〜!

ベースもグルーヴィすぎ。

この曲でもやっぱり、どこか頼りない男を歌ってますね。

最後せっかく転調したのにすぐフェードアウトがまたにくい!

 

コンサートではアフロで披露してて、”えぇ〜〜〜!そんな曲!?”って驚きました。笑

 

5.ONLY LOVE[4:35]

作詞:阿閉真琴、作曲:Ashley Cadell・BJ Caruama・John Collins、編曲:石塚知生

 

名バラードです。

相葉ちゃんも激推しの初期バラード最高峰だと思います。

大野くんが歌うAメロが本当に素敵。2番の”古びぃた”ってとこは鳥肌たった。

間奏かっけぇ〜〜〜静と動のメリハリダンスが容易に想像できる。

 

6.嵐のまえの静けさ[4:16]

作詞:阿閉真琴、作曲:清水昭男、編曲:ha-j

 

う〜ん、全然嫌いではないんだけど、特筆すべきこともない何とも言えない曲。笑

バンドサウンドで元気が出る曲ではあるけど、

上位互換が他にもいっぱいあるかな!

 

7.Blue[5:37]

作詞・作曲:森元康介、編曲:ha-j

 

ニノ〜〜〜〜〜!!!!!

このアルバムで最も切なくて、心に沁みるバラード。

ライブでは翔くんがピアノを弾いていたのもあって、

ファンの中でも人気の曲のはず。

こんなにちゃんとメンバーのソロがある曲はこれまで無かったと思います。

特に松潤がこれだけ歌わせてもらえたのは初じゃないかな?

これまでのアルバムはあんまりソロとかない上に、声も加工されちゃってよくわからなかったんだよね。

 

8.Walking in the rain[3:53]

作詞:SPIN、作曲:Brian Hobbs・Jany Schella・Christian Svensson

 

かっこいい!このキメに踊らされる〜!!!

スクラッチ音ってかっこいいと思うんです。

当時ライブで見た時、みんな裾の長いコートを着て踊ってたんだけど、最後ターンした後松潤がコート踏んで転んでたのをいつも思い出します。笑

間奏のピアノ最高。

そして相葉ちゃんもようやくソロもらえたね!笑

 

9.パレット[3:52]

作詞:TAKESHI、作曲・編曲:岩田雅之、Rap詞:櫻井翔

 

「Blue」は大人の切ない曲だったのに対して、この曲は青春時代の切ない曲に聞こえる。

学生時代にこんな胸キュンライフを過ごせたらなぁ・・・笑

これでは相葉ちゃんだけソロ貰えず!

翔くんのラップもとても良いです。次作にも繋がるフレーズがあります。

 

10.できるだけ[4:40]

作詞:相田毅、作曲:森元康介、編曲:大坪直樹

 

最っ高!!!!!!!!

この曲ほんっとに好き!!

まず最初の大野くんのフェイクがたまらない!

最初っからそんなの持ってくるなんて、そんなのずるいぜ〜〜〜!

 

楽曲としては、往年のアイドルソングを彷彿とさせる音作りが魅力。

歌詞も素敵で、1番は「変わってほしくないのに変わってしまうこと」を憂いて、2番は「変わりたいのに変われないこと」を憂いています。

そうすることで「できるだけ」という言葉を様々な解釈で捉えることができます

 

アラフェスのアンコールで流れ始めた瞬間は泣きそうだった・・・!!

それくらい素敵だし、まさか歌ってくれるとも思ってなかったから不意打ちすぎた!

 

11.テ・アゲロ[4:37]

作詞:久保田洋司、作曲:Patrick LIOTARD、編曲:CHOKKAKU

 

ラテンなティンバレスが印象的なノリノリチューン。

タイトル通り、手を上げたくなる曲です。

 

12.15th Moon[4:11]

作詞:久保田洋司、作曲・編曲:Face 2 fAKE

 

怪しげなかっこいい曲。

この曲、どうしても次作の「Right back to you」と被るんだけどなんでだろ?

どっちもパルコの曲になってましたよね?だからかな。笑

オルガンの音が怪しさを加速させます。

 

13.どんな言葉で[4:05]

作詞・作曲・編曲:荒木真樹彦

 

シンプルな曲だからこそ、メンバーの声を存分に楽しむことができます。

ニノの

これからマジでいこう

が好きっす。

 

14.PIKA☆NCHI(album version)[4:50]

作詞:相田毅、作曲:谷本新、編曲:CHOKKAKU

www.shibadrive.com