好きなものだけ語ります。

気になった音楽について語ります。

【嵐】男アラシックが「This is 嵐 LIVE」の凄さを振り返る。

This is 嵐 LIVE 2020.12.31

f:id:shibadrive:20210202162926p:plain
皆さん見ましたか?

きっといろんな気持ちでこのライブをご覧になったと思います。

少し時間は立ってしまいましたが、記憶を頼りに今回は「This is 嵐 Live」についてお話します!

 

新たな試み

挑戦を続ける嵐らしい試みが今回もありました。

皆さんこれやりましたか?

私はライブに集中したかったのでどちらもやらなかったですが、MEETS CHANCEとかどんな感じだったんだろう?というのが気になります!

フレンズ参戦機能

家にいながら友達と一緒に参加している気分になれる

MEETS CHANCE

ライヴ中に会場に設置されたモニターにファンの姿がリアルタイムに映し出される

 

ステージ

無観客だからこそのかなり特殊な形状になっていて、

特に目を引くのは真ん中にでっかくそびえ立つミラーボールの塔ですね。

これ、実はアメリカ・テキサス州にあるリユニオンタワーというのをモチーフにしたんじゃないか?という噂が流れています。

「Reunion=再結合する」

つまり、再び集まるという願いが込められているのではないか?ということですね!

これ考えた人天才ですね。

しかも最初この球体のてっぺんから登場する演出も驚きでした!

 

セットリスト

ワイルド アット ハート

え!?と思いませんでした?

なんでワイハ?って思いませんでしたか?

確かに明るくて盛り上がるから1曲目向きの曲ではあるけど、

今どうしてワイハなんだろう?

って思わせるのもきっと作戦のうちですね。

きっと皆さん2番で気づいたはずです、”めちゃくちゃ今の嵐にぴったりじゃん・・・”って!

こんなにワイハが心に沁みたことなかったです!

2番で肩を組みながら降りてくるところはいきなりグッときましたね〜〜〜。

サクラ咲ケ
SHOW TIME

やっぱ新曲の初披露はワクワクしますね〜!

ネオンの映像がお洒落で素敵でした!

Party Starters
言葉より大切なもの

ここからはファン参加型の企画でした!

掛け声やダンス動画が嵐と一緒に流れていましたね。

自分を見つけられた方はいますか?

私は見つけられなかったです・・・笑

GUTS !
風の向こうへ

これ久々でしたね!

NetflixのARASHI's Diaryで松潤が「Sho Sakuraiのラップが聞きたいんですよ〜

って言ってたのはこの曲かな?と思います。

いつか秒針のあう頃

ここのゾーンでは鏡がたくさんある幻想的で謎の空間で披露されました。

確かレーザーも駆使していて、めちゃんこかっこよかったですね!

この曲は大野くんが新たに振り付けした曲で、やっぱりこういう曲が似合いますね!

つなぐ

そこから続く「つなぐ」も大野くん振り付けで、かっこいい嵐を堪能できました。

Turning Up
Do you...?
-MC-
明日の記憶

これも久々!

この日、12/31から見て”明日”というのは、嵐が活動休止しているんです。

そんな明日を控えているところで、”何色の明日を描きますか?”というのは

寂しさもあるけど前を向いて進んでいこうとする意思が感じられました。

One Love

そんな明日について歌ったあとに、”100年先も愛を誓うよ”ですよ!

どこまでロマンチックなんだ松本潤・・・!

Løve Rainbow
Step and Go

久々にフルコーラスでの披露でめすっごい嬉しかったです!

ステッぺゴーはシングル曲で1番好きと言ってもいいくらい大好きな曲なので、

ダンスまでしっかりやってくれたのは嬉しすぎました。

ここでも”いつかまたね交点の先で”という歌詞がグッときます。

エナジーソング~絶好調超!!!!~
-NHK第71回NHK紅白歌合戦」中継出演の為中断-

 

Whenever You Call
台風ジェネレーション -Typhoon Generation-

私的1番の興奮ポイント来ました!!

ここから3曲のARを駆使したゾーンがインパクトやばかったです。

 

まず「台風ジェネレーション」のイントロが流れた瞬間思わずガッツポーズしちゃいましたね。

私この曲ずっと聞きたくて、アラフェスでも投票していたんですけど披露されなくて

もう聞けないのかな〜と思っていたんですけど、やってくれました〜!

 

ニノのセリフがもうぐさっとくるのなんの!

あの言い方はやられました・・・。

でラップと、大野くんのソロと、昔とおんなじ振り付けとでもう最高だったのに、

場所を移ってPVの再現が始まるんですよ!

真っ白な部屋で青いラインが入っててみたいなのがまさにPVを再現していて。

最高でしたね〜〜。

今月台風ジェネレーションばっか聞いてますもん笑

PIKA★★NCHI DOUBLE

からのピカダブもヘリポートの再現があって、あ〜〜〜〜!!!って!!

もう言葉にならなかったです。

ただでさえいい曲なのに、思い出とかけ合わさってもう胸がいっぱいになりました。

君のうた

で、君のうたでは嵐お得意のスライドショーですね。

今回はARを駆使して、たくさんの思い出が宙に浮いているような演出でした。

この3曲の流れは秀逸すぎましたね。

A・RA・SHI
Monster
迷宮ラブソング

Monsterからの迷宮は時計の音でつながっているように聞こえて、

ここの流れも好きでした。

マイガール
Happiness
感謝カンゲキ雨嵐

ここではドームの天井にファンからのメッセージが流れるサプライズがあって、

この演出には泣かされました。

もしかしたらもうライブをすることはないかもしれない、

歓声に包まれることはないかもしれないという中で、

嵐のみんながじっくりと、目に焼き付けるように読んでいたのが印象的でした。

そして私自身も想いを届けることができて、本当に嬉しかったです。

-最後の挨拶-
The Music Never Ends

みんなの歌声は本当にパワーですね。

嵐は愛されているなぁ、すごい存在なんだなぁというのを改めて実感しました。

Love so sweet

なるほど、この曲が最後なんだ!と思いました。

紅白で「カイト」を披露している際に松潤から、

“嵐が去った後に、虹の架かかった美しい空がどうか、みなさんの前に広がりますよう。

明けない夜はないと信じて”

というコメントがありました。

誰もがこんな1年になることを予想していなくて、

今も苦しい状況にいる方がたくさんいらっしゃると思います。

嵐自身もできなかったことがたくさんあって、絶対に悔しいはずなのに、

それでも日本中に元気を届け続けてくれました。

まるで嵐がこの世界にかかった雲をすべて飲みこんで、

身を挺して世界を明るくしようとしているかのような、

そんなヒーローのように思えました。

 

きっと”明けない夜はない”というのが、嵐が伝えたかったメッセージなんだと思います。

それは嵐自身にとっても同じで、いつかきっと嵐がまた戻ってきてくれると私は信じています。

 

21年間、嵐のファンでいたことが本当に誇らしいです。

まずはゆっくり休んで、誰かのためではなく、自分のために生きてほしいなぁと思っています。

本当にありがとうございました。