好きなものだけ語ります。

気になった音楽について語ります。

【Wienners】でんぱ組.incなどを手掛ける天才集団ウィーナーズの魅力を解説!【おすすめアーティスト紹介】

Wienners

f:id:shibadrive:20200508191938j:plain

Wiennersを一言で言うなら、”天才集団の奇想天外なキャッチーパンク”

一筋縄ではいかない展開と、演奏技術の高さは他に類を見ません。

それでいて超突き抜けててキャッチー!

絶対もっと売れるべきバンドだとずっと思っています。

 

 

概要

2008年、吉祥寺弁天通りにてWiennersを結成。

パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこか優しくて懐かしい香りを放つ男女ツインボーカルの四人組ロックバンドです。

 

先ほども言ったように、予測不可能だけど体が反応してしまうような展開や、

奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器に様々なシーンを縦断しています。

 

2013年に1度メジャーデビューしていますが、メンバーチェンジを機にインディーズに戻り、そしてまたメジャーに返り咲くという異例の経歴を持つバンドです。

 

メンバー

玉屋2060%(Vo/Gt)

バンドの殆どの作詞作曲を担う中心人物。

ぱっつんロングヘアーが特徴です。

玉屋さんはWiennersの曲を手掛けるだけでなく、

ゆずやでんぱ組.incなど、数多くのアーティストに曲を提供している天才です。

 

私はでんぱ組.incの「サクラあっぱれーしょん」が大好きで、”この曲作った人誰!?”って調べたら”どうやらWiennersってバンドの玉屋さんらしい”って知って。

そっちからWiennersを聞くようになりました。

他にも「でんでんぱっしょん」とか「プレシャスサマー!」とかもう最高の曲ばかりなんですよ!

ちょっと脱線しちゃうので、それはまたでんぱ組のお話をする機会があればお話します。

 

∴560∵(Ba/Cho)

バンドの初期メンバーで、緑のひげが特徴です。

ベースが鬼上手いですし、コーラスもやってのけちゃう天才です。

 

アサミサエ(Vo/Key/Sampler)

2015年に加入したバンドの紅一点。

メインボーカルもしますし、キーボとサンプラーを巧みに操るし、

元々個人で活動されていた方なので、自分で曲も作れちゃう天才です。

 

KOZO(Dr)

2015年加入したイケメン。

いつもニコニコ楽しそうなんですが、超高速ツービートもタイトにバチバチ決めてくる天才です。

 

ex)MAX(Vo/Key/Sampler)
ex)マナブシティ(Dr)

そして元々このお2人がメンバーでしたが、

2014年9月7日のライブを最後に脱退されました。

 

まず聞いてほしい曲

蒼天ディライト

Wiennersと言えばまずはこの曲!

ライブ超定番で、YouTubeの再生回数ナンバーワンです。

  • 突き抜けるようなポップさ
  • ほんのりおしゃれなコード進行
  • どこか民族的な雰囲気

など、Wiennersの良さが全部詰まっています。

それに拍車をかけるサビの転調も素晴らしいです!

 

シャングリラ

この曲はパンク色が薄くて、誰でも聞きやすいポップな曲に仕上がっています。

アコギが爽やかでいいですね。

ライブでは曲の後半にある”TOKYO!”っていうコール&レスポンスが盛り上がります。

ところで、このミュージックビデオからはどこか狂気を感じませんか?笑

 

Justice4

最初の10秒だけで!?!?ってなって何度も見返したんですが、

その後も怒涛の展開に振り回されます。

パンクで始まったと思ったらジャズ進行になったり、

変幻自在にころころ展開していく、初期の人気曲です。

このカオス感を短い時間に詰め込むのはWiennersの得意技ですね。

 

 

個人的なおすすめ曲

LOVE ME TENDER

「蒼天ディライト」のような突き抜けたポップソングですが、

私個人的には「蒼天ディライト」よりも「LOVE ME TENDER」のほうが好きです。

特に最後の"LIFE IS BEAUTIFUL"のところがエモくてやられます。

 

実は私の曲の「うたかたのうた」は「LOVE ME TENDER」を結構参考にしています。

新曲を作ろうと思ったときにちょうどWiennersにドハマリしていて。

ツービートの疾走感とか、最後の泣けるようなエモさは「LOVE ME TENDER」を目指しているんですけど、どうですかね。笑

 

VIDEO GIRL

f:id:shibadrive:20200508232042p:plain

Wiennersで1番好きな曲です!

この曲が収録されているアルバム「DIAMOND」は捨て曲無しの名盤で、

私の人生でもトップクラスに好きなアルバムなんですが、

その中でも特に好きな1曲となっています。

 

ギターのカッティングとベースのスラップがめっちゃ気持ちよくて最高です。

2番のキメもかっけぇっす!

他の曲は突き抜けたポップさがありますが、この曲はどこか無機質な感じがして、

それが逆にどんな気分のときでも聞けちゃいます。

 

ドリームビート

この曲を初めて聞いたとき、衝撃でした。

”どこまでいっちゃうの!?”ってくらいひたすら転調を繰り返すんですよ!

歌詞の内容もそうですが、音でもとにかく高みを目指す気持ちが表現されています。

これはさすがに天才の所業。

こんなん思いついても普通曲にできないですよ。

 

というわけで今回はWiennersについてご紹介しました。