好きなものだけ語ります。

主に男目線で嵐について語ります。

【嵐】全てはここから始まった。シングル「A・RA・SHI」全曲レビュー

{97D675C1-3764-4944-ABC3-515F0E5CFBBF:01}

1999年11月3日に発売されたのデビューシングル

 

 1.A・RA・SHI

作詞:J&T、作曲・編曲:馬飼野康二

 

当時は気づかなかったけど、ベースとギターが超絶かっこいい

聴かせるメロとかっこいいラップのバランスが絶妙で、これからしばらく続く”大野くんソロ翔くんラップ”が既に出来上がってます。

サビの裏でラップもやっちゃうっていうのは、当時はすごく斬新でした。

最後の大野くんソロがほんとに素晴らしい。

 

この曲でまず触れたいのはラップについてです。

発売当時、小学1年生だった私はテレビでこの曲のPVを見て

”かっけぇ〜〜〜!”

ってなって録画したビデオを何度も見たのを今でも覚えてます。

何がそんなにかっこよかったかって、ラップなんですよ。

”早口で難しそうなのにすごい!”って思って、めっちゃ練習しました。

今思えば、全然韻踏んでないしめっちゃダサいんだけどね(笑)

あ、あとフード被ってかっこつけてるニノが何故か苦手で、いつも目を逸らしてました(笑)

 

この曲を語る上で忘れちゃいけないのがMステ初登場時のスケスケ衣装

今でもよくいじられてるけど、これでいこうって言った人天才

自分もサークルの出し物で1回やりました。蒸れました。

 

ライブで印象的なのは、「ARASHI AROUND ASIA」というツアーの1曲目でドーン!と出てきたやつ!

あれほんとかっけぇ。

あと、「5×20」のときに今の嵐が昔のPV完コピしてたやつも印象的でした。

あれDVDでちゃんと見たいです、お願いします!!

 

2.明日に向かって

作詞:大塚雄三、作曲・編曲:馬飼野康二

 

元々Jrの曲だったものを、嵐の曲として発売されました。

往年のアイドルソングって感じで、元気いっぱい、夢いっぱい。

 

特筆すべきは、もう完全にカウコンの東の滝沢西のすばるでしょう。

あれは当時のことをよく知らない自分でもすんごい胸熱でした。

2人とも退いてしまったからこそ、あれが見れてよかったなぁ。