好きなものだけ語ります。

主に男目線で嵐について語ります。

【サカナクション】150回以上作り直した!?「忘れられないの」レビュー

2019年6月19日に、サカナクション6年ぶりとなる待望のニューアルバム「834.194」が発売されました。

6年て!待たせすぎじゃないですか!笑

そのリード曲となっている「忘れられないの」という曲をレビューしようと思います。

 

忘れられないの

作詞・作曲 山口一郎

ソフトバンク「速度制限マン」篇CMソング。

www.youtube.com

ベースが生み出すグルーヴが魅力的な1曲。

この曲はとにかくベースがたまらない!!

完全にベースありきの曲となっています。

キメの隙間に聞こえるギターも気持ちいいですね〜!

 

最近のトレンドとして2つ挙げられます。

  • 少し古い(80年代)雰囲気
  • 音数を減らしてメリハリをつける

この曲は、そのどちらも兼ね備えた”懐かしいのに今っぽい”曲となっています。

 

例えば、昨年大ヒットした「U.S.A」もどこか懐かしくて少しダサさすら感じませんか?

www.youtube.com

最近は80、90年代のトレンドが再燃している印象です。

写ルンですとか、レコードとか、最近またよく見かけるようになった気がします。

 

また、”音数を減らしてメリハリをつける”について。

これの代表的な例はブルーノマーズでしょうか。

www.youtube.com

すごく音の数が少ないのに踊れる不思議な魅力のある曲です。

嵐でいうと「夜の影」とか、リーダーっぽい印象ですね。

緩急があって、ピシッ、ピシッと踊れる曲。

このような曲は最近の私のブームでもあります。

 

そういえば、この「忘れられないの」はどうやら歌詞を150回以上書き直したらしいです。

確かに、メロディとして割り当てられる音が少ないので自然とそこに当てはまる言葉が限られてきます。

しかも一郎さんは韻を踏みたがるから、そりゃ延期しますわな!(笑)

そんなこだわりっぷりを是非体感してみてください。