好きなものだけ語ります。

主に男目線で嵐について語ります。

【嵐】スガシカオは嵐に何をもたらすか?シングル「アオゾラペダル」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190424214755p:plain

 

2006年8月2日にリリースされたの17枚目のシングル

 

 

1.アオゾラペダル[5:21]

作詞・作曲:スガシカオ、編曲:石塚知生

 

翔くんが主演した映画 「ハチミツとクローバー」のエンディング・テーマ。

アコギが印象的で、青春の鮮やかさと儚さを感じる曲。

僕らは綺麗な色を塗りすぎたみたい

という歌詞が好きで、上手に青春を言葉にしているなぁと思います。

 

歌の割り振りが、

1番:2人や3人の組み合わせ

2番:ソロ回し

落ちサビ:作品に最も関係のあるメンバー今回の場合は翔くん)

となっていますが、これは今後の嵐で頻繁に登場する十八番パターン

個人の仕事や人気が増えたからこそ、ですね!

 

そんな落ちサビの翔くんは、まだミュージカル感が強くて笑っちゃいます。笑

ライブ「5x20」の際には、翔くんがピアノを弾いていてすごく素敵でした。

 

間奏の鐘の音、めっちゃ好き。

 

スガシカオはよくジャニーズに曲を提供するけど、その中では地味な方。笑

と言うより他が「夜空ノムコウ」とか「Real Face」だから強すぎます。

次は是非、更に強い曲をお願いします!笑


2.Kissからはじめよう[4:30]

作詞:youth case、作曲:velvetronica、編曲:ha-j

 

8×4」のCMソング。

シンセが強いポップソング。

 

この曲を初めて聞いた時、”なんてひどいサビなんだ”と愕然とした記憶があります。

音程のアップダウン無さすぎません?

それでも聞いているうちに癖になってしまうんですよね〜。

 

2番の大野くん”これまでの〜”のとこ、なんか声の雰囲気がいつもと違いますね。

田中邦衛みたい。


3.夏の終わりに想うこと[4:04]

作詞:小川貴史、作曲・編曲:上野浩司

 

通常版のみに収録。

タイトルの通り、夏の終わりを感じさせる切ない曲。

 

これ好きです!!

今回の3曲で圧倒的に好き。カップリング界でも割と上位かも。

私の好みの曲ってわかりやすいですよね。

やっぱり爽やかだけど切ない曲がたまらないです。

 

サビの”僕らは1つになる”の裏声がすんごく好き。

あとこれも翔くん、”特別〜なものじゃない♪”が凛々しすぎます。笑

 

今回のシングルは全体的に夏を感じる曲たちでした。