好きなものだけ語ります。

男の嵐ファンが嵐について語ります。

【嵐】嵐で最も紳士的な曲!?シングル「迷宮ラブソング」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190818220910p:plain

2011年11月2日に発売されたの36枚目のシングル

 

 

1.迷宮ラブソング[4:39]

作詞:伊織、作曲:iiiSAK・Dyce Taylor、編曲:Trevor Ingram

 

櫻井翔主演 フジテレビ系ドラマ「謎解きはディナーのあとで」主題歌。

櫻井翔主演 映画「映画 謎解きはディナーのあとで」主題歌。

「謎解きはディナーのあとで」の画像検索結果 

 

”大切な人を守りたい”と思うあらゆるシチュエーションのテーマ曲になるポジティブソング。

この曲はアイドルソングとしてとても完成度が高いですね!

ドラマが執事役ということもありジェントルマンな男性像を歌っていて、嵐がここまで頼もしく・かつ紳士的に女性をリードする曲は他にないと思います

キンプリが歌っても似合うんだろうなぁ。

 

誰かが君を惑わせ 迷宮に迷い込んでも

僕がきっと その手を強く 引くよ

というところは、振り付け含めてキュンキュンせざるを得ない!

こりゃみんな”きゃーー!!!”ですよ!

ひとつずつ合わせていく

でみんなが輪を合わせる振り付けもいいですよね!

 

最後の大野くんソロの

生まれる前から 知っていたような・・・

からの転調はたまらないですねぇ〜!!

 

奇しくもこの曲は”FNSでの放送事故”で有名でもあります。

結果的にマイクの音響事故なんですが、あれはとても可哀想でしたね。

むしろ嵐の対応力を思い知って、惚れ直した瞬間でもありました

 

2.消えぬ想い[4:06]

作詞:alt、作曲・編曲:市川喜康マシコタツロウha-j

 

初回限定版にのみ収録。 

昭和の哀愁を感じるミディアムテンポな曲。

 

始まり方からしてバラードかと思いましたが、ブラスやストリングスも入って意外と派手な曲。

2番Aメロの楽器の加工の仕方も前衛的でびっくり!

 

ベースも不思議なうねりをしてて、ちゃんと聞くほど面白みがあります。

噛むほどうまい、堅揚げポテトみたいな曲ですね!!!

 

3.together, forever[4:45]

作詞・作曲:100+、編曲:佐々木博史

 

通常版にのみ収録。

歌謡Rockサウンドを大胆にフィーチャーした情熱的なラブソング。

 

イントロやがとってもかっこよくて、がしがし踊ってる嵐が想像できます。

また、AメロやBメロがキャッチーで、

どこかに忘れたメロディー

は思わず歌いたくなってしまいます。

 

ここまで順調に進むんですが、サビが少し残念。

これまでのかっこよさから一転して、変にポップになって少し間抜けな印象です。

 

2番Aメロ、大野くんソロ裏のピアノかっこよすぎ!!

全編通してカッティングギターもめちゃくちゃかっこいいです。

あとなんの楽器なんだろ、ソプラノサックスみたいなやつも良きです。

 

4.うたかた[4:07]

作詞:R.P.P.、Rap詞:櫻井翔、作曲:youwhich・Dyce Taylor、編曲:youwhich

 

通常版にのみ収録。

波のように押し寄せるメロディーの展開が嵐らしいダンスナンバー。

 

この曲もかっこいいですね!

口笛のようなイントロがとても印象的です。

 

サビの歌いまわしがなかなか歯ごたえがあって、歌っていて気持ちいいです。

君とずっと続くならば

のところとかね!

 

サクラップも結構難易度が高くて、

ドライなくらいreal

に至っては本人も追いついてないですよね?

 

5.wanna be...[3:31]

作詞:伊織・Soluna、作曲:大島こうすけ、編曲:吉岡たく

 

通常版にのみ収録。

男女の狂おしいまでの駆け引きを綴った、エッジの効いたギターが印象に残る新感覚な曲。

 

初めてこの曲を聞いたとき、

”え?ほんとに嵐???”

って疑ってしまったくらい不思議な曲です。

イントロはブリティッシュインディーロックのようなギターリフで、まるでArctic Monkeys

www.youtube.com

 

と思ったらBメロはエレピが雰囲気を作っていて、

サビはギターが印象的ではあるものの、J-POPの安心感もある。

転調や変拍子も組み込まれているので、ジェットコースターのように振り回されます。

これはきっと、歌詞に出てくる”君”に振り回される男の気持ちを表現しているのでしょう。

ワガママな君は似合わない 僕以外

なんて強気の姿勢ですが、

いっそ楽にしてほしい...

って言ってる時点で負け試合です。笑

タイトルの「wanna be...」はこの歌詞にかかっているんでしょうな。