好きなものだけ語ります。

気になった音楽について語ります。

【嵐】嵐×ブルーノマーズ!配信シングル「Whenever You Call」レビュー

Whenever You Call

f:id:shibadrive:20200920114136p:plain

2020年9月18日にリリースされた嵐の6作目の配信限定シングル。

今作は、ブルーノ・マーズが楽曲制作およびプロデュースを行った、全編英詞になっています。

 

ブルーノマーズとは?

皆さん、そもそもブルーノマーズを知っていますか?

ピンとこなくてもきっとどこかで彼の曲を聞いたことがあると思います。

昔私がバイトしていたイオンでは「Locked Out of Heaven」という曲がひたすらかかってましたね〜。

 

どれくらい凄い人かというと、2018年に世界最大の音楽の賞であるグラミー賞で6冠獲得しています。

だからまさに現在進行系で世界的に認められている凄い人なんです!

ちなみに2020年はビリー・アイリッシュが主要4部門に輝いています。

 

そんなブルーノマーズには2つ得意技があると思っていて、

  1. つい体を揺らしちゃうパーティチューン
  2. 甘くてメロディアスなバラード

このどちらも作れちゃうのがブルーノの強みだと思います。

 

1つ目のパーティチューンで言うと、例えば「24K Magic」とか「Uptown Funk」という曲が有名です。

実は既に嵐にはブルーノマーズに影響されたであろう曲があって、それが「Don't You Get It」です。

この曲はまんま「Uptown Funk」の影響を感じられます。

 

一方で、2つ目の「甘くてメロディアスなバラード」。

今回の「Whenever You Call」はこちらに該当します。

というわけでここからは「Whenever You Call」について深堀りしていきましょう!

 

Whenever You Call

Written & Produced by Bruno Mars, D'Mile

 

甘くメロウな歌

ブルーノマーズが嵐に楽曲提供するってなって、私は

”パーティチューンとバラードどちらでくるのかな〜”

って思ってたんですけど、バラードできましたね!

 

このチョイスはバッチリだと思っていて、

ブルーノのバラードってすごく日本人好みな情緒溢れるメロディラインなんですよ。

だから「IN THE SUMMER」とかより耳馴染みが良くないですか?

これはさすが”世界一のメロディメーカー”とも呼ばれるブルーノマーズ!っていうところです。

 

こういった曲は特に大野くんの魅力がバンバンに出ちゃってますね。

Gonna catch you if you fall

の高音がめちゃくちゃ気持ちいいです。

その後の

Let me be, let me be, let me be

ってとこはすごくブルーノマーズっぽさを感じます。

 

シンプルながらも想いが伝わってくる歌詞

そんな情緒溢れるメロディラインに、とてもシンプルで誠実な歌詞が乗っています。

ひたむきに、とにかく君のことだけを考えているような歌詞で、

意味がわからなくても気持ちが伝わってきます。

 

歌詞の内容は普遍的なラブソングなんですが、

嵐が活動休止するということを知った上で歌詞を書いたそうなので、

そんな嵐とファンのことを歌っているようにも聞こえます。

 

入れ替わりながら魅せるハーモニー

この曲は主旋律・上ハモ・下ハモの3人で歌うところが多くて、

しかもメンバーが入れ替わり立ち替わりで担当するんですよ。

これ絶対歌うのめちゃくちゃ難しいですよね!

 

特に印象的なのは相葉ちゃんのファルセットです。

「Secret eyes」とか「Sugar」とかで度々披露されていましたが、今回も輝いてますね〜!

 

シックでゴージャスな黒い衣装

MVでは綺麗な夜景をバックに、黒1色でまとめられた衣装を身にまとって踊っています。

これが色気があってめちゃくちゃカッコいい!!

黒1色なんだけど、ジャケットにスパンコールかな?

キラキラが施されていて、これがまたゴージャスで素晴らしいです。

 

というわけで、本当に抜け目のない曲をリリースしてきたなぁという感じで、

これまで嵐を聞いてこなかった人にも届くような曲になっていると思いました。

皆さん、いかがでしたか?

 

これ「This is 嵐」に収録されるのかな?楽しみにしましょう!