好きなものだけ語ります。

主に男目線で嵐について語ります。

【嵐】革命前夜。アルバム「ARASHIC」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190409233756p:plain

 【総評】

 2006年7月5日に発売されたの6枚目のオリジナルアルバム

 

ブレイク寸前、みんなが知ってる嵐になる基盤がここで出来上がります。

バラエティ豊かな曲が揃っていて、曲も前2作と比較すると派手になっています。

 

今作はソロ曲はありませんが、メンバーそれぞれがメインを担当する曲があります。

みんなで歌うとこが嵐らしくていいですね。

 

最後に、このアルバムには嵐を語る上で欠かせない曲が収録されています。

優等生になった嵐が久しぶりに牙を見せると同時に、高らかに掲げる第二章の幕開け

このアルバムが、革命への狼煙です。

 

 【楽曲】

1.WISH

作詞:久保田洋司、作曲:オオヤギヒロオ、編曲:CHOKKAKU 

www.shibadrive.com

 

2.ランナウェイ・トレイン

作詞:SPIN、Rap 詞:櫻井翔、作曲:Anthony Little・Rick Kelly、編曲:鈴木雅也

 

歪んだギターがライブ感満載で、力強いハードロックとなっています。

ギターにヌーノ・ベッテンコート(元・EXTREME)が参加しています。

ライブでは終盤に披露されて、みんなが手を振ってくれた思い出。

 

曲が始まると同時に響き渡る翔くんの高笑いはまさにダークヒーロー。笑

 

3.Raise Your Hands

作詞:SPIN、Rap 詞:櫻井翔、作曲:Stefan Olsson・Tim Norell、編曲:安部潤

 

嵐お得意のファンクチューン。

目立つのはストリングスだけど、やっぱりこういう曲はベースがかっちょいい〜!

そしてカッティングギターも絶好調。

 

サクラップは歌詞に合わせて左右前後、あらゆる方向から声が聞こえてきます。

こういう細かいこだわりが大好きです。

僕に見せて 指の先 爪から肩ま

って歌詞が好きです。

 

最後の大野くんのフェイクもたまんないっす!

 

4.きっと大丈夫

作詞:SPIN、Rap詞:櫻井翔、作曲・編曲:Shinnosuke

www.shibadrive.com

 

5.Ready To Fly

作詞:masa-ya、作曲:家原正樹、編曲:石塚知生

 

大野くんメイン曲。

このアルバムで1番好きです!!

 

タイトなドラムと、グルーヴィでスラップの効いたベースが最っ高。

「いざっ、now」のときの「JAM」と同じ人がドラム叩いています。

通りでハイハットの入り方がおかしいわけだ!

そして目玉は間奏のサックス!セクシーすぎる!!

 

大野くんの歌声は相変わらずこういうダンサブルかつセクシーな曲にピッタリ。

ダンスも大野くんが考えたもので、メンバーみんなで大野くんの振り付けを踊るのは初めてじゃないかな?

腕をクロスさせて縄跳びするようなダンスなんですが、うまく言えないです。笑

 

6.キャラメル・ソング

作詞:小川貴史 、作曲:松下典由、編曲:高橋哲也

 

ニノメイン曲。

夕暮れのように優しくて、キャラメルのように甘い曲。

ニノは可愛くてどこか繊細な歌がとても似合います。

 

ずっと僕の宝物さ

って可愛いなぁ。

宝物って言葉はどうして少年を彷彿とさせるんだろう。

大人になると”宝物”っていう発想がなくなってしまう気がします。

なんだか寂しいけど、そんな子どもの心を思い出させてくれます。

 

四角い窓を切り取る振り付けが好きです。

 

7.COOL & SOUL

作詞:SPIN、All Rap presented by 櫻井翔、作曲・編曲:吉岡たく

 

鬼気迫るようなストリングスとピアノ、プログレッシブなドラム。

そして嵐5人でめくるめくようなラップの応酬。

このアルバムで、ひいてはここまでの嵐の歴史で最も重要な曲です。 

 

この曲だけで1つ記事が書けてしまうので、詳しくは以下の記事を御覧ください。

www.shibadrive.com

1つだけ言わせてほしいのは、どうしてこの曲順なんだ?

 

8.旅立ちの朝

作詞:SPIN、作曲:Shusui、Fredrik Hult、Jonas Engstrand、編曲:ha-j

 

旅立ちの日=お別れの日のことを歌ったバラード。

なんだか「台風ジェネレーション」を思い出します。

(完全に”じゃあ、行ってくる”のせい。)

 イントロのピアノの音がすごく懐かしい音がするけど、何に似てるんだろう・・・!

 

9.I Want Somebody

作詞:Axel G、作曲・編曲:Shusui、Stefan Aberg、Fredrik Hult、Ola Larsson

 

松潤メイン曲。

ヘヴィで怪しさ漂う曲。

 

ライブでは「COOL&SOUL」の後に披露され、ムービングステージでがつがつ踊ってくれました。

千手観音が印象的です。

 

10.Secret Eyes

作詞:Erykah、Rap詞:櫻井翔、作曲:Gajin、編曲:岩田雅之

 

相葉ちゃんメイン曲。

一世代昔のディスコティックな曲。

これ割と好きなんですよ。

お洒落ファンキーチューンは基本的に好きです。笑

 

相葉ちゃんと2人でサクラップの掛け合いをするのが斬新で良いです!

”朝まで〜ぃ”がいいよね。

サビはずっと裏声だから誰が歌ってるかわかりません・・・笑

 

11.超²ありがとう

作詞:Erykah、作曲:Henrik Rongedal、Magnus Rongedal、編曲:岩田雅之

 

翔くんメイン曲。

体を揺らしながら手拍子したくなるような曲で、ミュージカルのようなゴスペル部隊が入っています。

ちょうど翔くんがミュージカル「ビューティフル・ゲーム」をやってた時だから歌声が野太い。

確かそのせいで髪型ももっさりしてて、全体的に清潔感無くてあんまり好きじゃなかったです。笑

 

 

12.CARNIVAL NIGHT part2

作詞:久保田洋司、作曲:上野浩司、編曲:長岡成貢

 

”きた? きたきた!?”

ファンの人気が高く、間違いなく盛り上がるライブの定番曲です。

曲調は〜なんだろう。これもファンクっていうのかな?

4つ打ちのドラムとワウギターと派手なブラスセクションって感じです。

 

大野くんが振り付けを担当しました。あんまりちゃんと踊ってくれないけど。笑

歌詞は、彼女とお祭りに行くはずだったのに別れて一人でお祭りに行くことになった悲しい男のことを歌っています。

曲とのギャップがすごい。笑

 

ちなみにタイトルに「part2」とありますが、「part1」はありません。

作っているうちに元々作ってた曲から大幅に変わっていったため「part2」がつけられたそうです。

ちなみに「part1」では掛け声が

”水金地火木土天海冥!!!”だったそうですよ。

考え直してくれてよかった〜あぶね〜!笑

けどそんな「part1」も聞いてみたいですね。

 

2012年と2013年に開催された「アラフェス」では、「FESTIVAL NIGHT」として披露されました。

 

13.シルバーリング

作詞:山本成美、作曲:北川 吟、編曲:若草恵

 

ピアノとストリングスが雰囲気をつくるバラード。

1つのアルバムにキャラ被りなバラード2曲もいらないなぁというのが正直な感想です。

でも「旅立ちの朝」と比較したら圧倒的にこちらの方が好きです

「旅立ちの朝」はライブでも披露されなかったような?

 

この曲の方が嵐の気持ちいいユニゾンを楽しめます。

大野くんとニノにとってちょうどよい帯域のメロディなんでしょう。

 

14.LOVE PARADE

作詞:仲山卯月、作曲:土井まどか、土岐健一、編曲:船山基紀

 

通常版にのみ収録されています。

嵐初のジャズを取り入れたナンバー。

これは結構好きです

 

通常版限定の曲って当たり率高いんですよね〜まぁそうじゃないと買う理由が無くなってしまうか!

うまいこと商売しますな!

 

翔くんの”二人のビ〜ィトがぁ〜〜”がミュージカルすぎます。笑