好きなものだけ語ります。

主に男目線で嵐について語ります。

【嵐】ちぇけら!シングル「君のために僕がいる」全曲レビュー

{8225330C-6352-428D-B412-FE0596839A6E:01}

2001年4月18日に発売されたの5枚目のシングル

 

1.君のために僕がいる

作詞:大倉浩平、作曲・編曲:馬飼野康二

相葉ちゃん・ニノ出演 森永乳業 エスキモー『ピノ』CMソング。

 

チェケラ!

これまでのシングルより素直な曲です。

コンサートの最後の方やアンコールで披露されることが多いイメージ。

Aメロ、Bメロ、サビが1番2番とあって、ラップを挟んで最後に向かっていく。

これも嵐でよくあるパターンですね。

むしろこれまでのシングルがラップをフィーチャーしまくり。

 

Mステで披露するときに謎にUSJから生中継してました。

なんか別の場所から中継するって、いつも変に攻めてるイメージがあります。

有名なのはSMAPの「ダイナマイトね!

慎吾くんだけが香港から生中継で合成みたいになってて、すごいシュールでした。(笑)

 

初回限定盤は、歌詞カードも何もかもCD型で丸くなってました!

こういうことしたがるよね、嵐って。

f:id:shibadrive:20190803145547j:plain

メンバーそれぞれの写真付き。

f:id:shibadrive:20190803145634j:plain

 

「untitled」ツアーの翔くんのちぇけら!が良かった。

 

2.はなさない! 

作詞:牧穂エミ、作曲・編曲:長岡成貢

フジテレビ系『第32回 春の高校バレー』イメージソング。

 

We can! We can! We can! love so yeah, yeah!

これいい曲だよな〜サビよりもAメロとかのほうが好き。

エレピこんなにお洒落だったんだ!

ジャニーズはやっぱり音の乗せ方の勉強になるなぁ。