好きなものだけ語ります。

主に男目線で嵐について語ります。

【嵐】匠の技が光る新たな代表曲!シングル「Monster」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190716232306p:plain

2010年5月19日に発売されたの30枚目のシングル

 

1.Monster

作詞:UNITe・Sean-D、作曲:CHI-MEY、編曲:Taku YoshiokaHirofumi Sasaki

 

大野くん主演のドラマ&映画『怪物くん』主題歌。

怪しさとポップさが入り混じるダンスナンバー。

まず言わせてください。

この曲作った人天才すぎ。

これはそんじょそこらの作曲家じゃ作れませんよ。

チーミーって誰ですか???

「CHI-MEY」の画像検索結果

Monster感ゼロすぎませんか??

なんか教育番組とか児童向けの曲ばかり作ってるっぽいんですけど、

一体何があったら「Monster」作れるんですか?

 

最初に怪しい雰囲気で世界観を作っておいて、違和感なくポップでキャッチーなサビに向かっていくのは匠の技。

また、サビの後半でコード進行が変化するところもほんとにくいことしますね!

そして間奏は3拍子になって・・・。

展開が多いのにきっちりと1曲としてまとめあげているのはさすがの一言です。

 

聞いてて思いましたが、大野くんの曲≒怪しい曲って時計の音が使われがち。

(「時計じかけのアンブレラ」、「Song for me」など。)

面白い話を聞いたことがあって、無音よりも秒針の音が聞こえるほうが静寂を印象づけることができるらしいです。

オルガンの音もいいですね。

 

Aメロの”Oh No”は完全に大野とかけてますね?

あと”We are”のときの地を這う松潤好きすぎ。

 

2.スパイラル

作詞:小川貴史 Rap詞:櫻井翔 作曲:三留一純 編曲:ha-j

 

こちらもカップリングありがちな怪しげ枠。

似たり寄ったりに感じてしまう曲が多くて特徴が・・・。

しかし、どうやらファンの間では結構人気っぽいです。

だんだんと爽やか路線以外に進みたい雰囲気が感じ取れます。

 

左右からサクラップが聞こえてきてエロい。

韻の踏み方がだんだん一辺倒になってきたのが少し残念。