好きなものだけ語ります。

男の嵐ファンが嵐について語ります。

【嵐】史上最高傑作!アルバム「Time」全曲レビュー

f:id:shibadrive:20190412214127p:plain

Time

2007年7月11日に発売されたの7枚目のアルバム。 

 

最高です。

嵐で一番好きなアルバムです。

もっと言うと、人生で一番好きと言っても過言ではありません。

 

1曲1曲のクオリティがこれまでより段違いに高く、またバラエティに富んでいます。

まだアルバムとしてのテーマや統一感には欠けますが、個々が強すぎるので問題なしです。

 

 この時のみんなのビジュアル、強すぎませんか?

 

Disc1

1.Oh Yeah![4:42]

作詞:UNITe、作曲:オーノカズナリ、編曲:北川吟

 

嵐出演 「C1000レモンウォーター」CMソング。

バンドサウンド主体で、ライブ超定番曲

爽やかで疾走感はあるけど、どこか切なさを感じさせます。

 

もうほんっとに、神曲です!

みんなで手を挙げて盛り上がるのはもちろんなんですが、ほんの少しだけ”青春の儚さ”を感じるんです。

私の性格上、全てを忘れてバカになるというのが出来ないので、無責任に明るく前向きな曲はどこか共感できない部分があります。

しかし、嵐の楽曲は、”楽しさや明るさ”の中に”儚さや切なさ”を感じる楽曲が多いと感じます。

(きっとみんなの性格や大野くんの歌声が起因していると分析します。)

この曲は切なさ2割くらいで控えめではありますが、アルバムの1曲目として最高の仕事を果たしています

 

もう少し言葉にすると、サビの前半と後半でコード進行が異なっていることが切ないポイントの1つだと思います。

 

自転車の後ろに 君の体温乗せて

という歌詞がすごく好きです。

”じんしゃ”って発音してるのがポイント。

これは意図的に指示されて”じでんしゃ”って歌っているそうです。

 

最近ではこの曲で踊ることは無くなってしまいましたが、間奏のフォーメーションダンスも好きです! 


2.Love so sweet[4:52]

作詞:SPIN、作曲:youth case、編曲:mugen

www.shibadrive.com 

3.WAVE[3:50]

作詞:UNITe、Rap詞:櫻井翔、作曲:Erik Lidbom、編曲:安部潤

 

タイトルの通り、海辺が似合う肩の力が抜けたお洒落ソング。

こういった曲はベースやドラムのグルーヴに注目しがちなんですが、この曲で推したいのはサックスです。

6人目のメンバーかと思うくらいサックスが吹き倒しています。

 

サクラップも程よい感じで程よいです。(語彙力の無さ)


4.We can make it![4:12]

作詞:UNITe、Rap詞:櫻井翔、作曲:Fredrik Thomander & Anders Wikstrom、編曲:鈴木雅也

www.shibadrive.com


5.Firefly[3:52]

作詞:Makoto ATOZI、Rap詞:櫻井翔、作曲・編曲:笹本安詞

 

暗くてダークな雰囲気漂う曲。

4thアルバム「いざっ、Now」の「The Bubble」とかが好きだったらきっとこの曲も好き。

 

サクラップも低音強めでダークモード

こういうサクラップは久々ですね!

 

6.太陽の世界[4:44]

作詞・作曲:HYDRANT、Rap詞:櫻井翔、編曲:大坪直樹

 

このアルバムで最も能天気で夏の雰囲気満載のパーティチューン。

狙いはきっと第2の「Lucky Man」

ですが、定番とはなれずに結局このTimeツアーで披露されるのみでした。

やっぱり「Lucky Man」の方が曲としての強さもあり、既に浸透しているのでそこに立ち向かっていくのは厳しいですね。

 

「Lucky Man」と同様にサクラップが大きくフィーチャーされています。

そして、その難易度も非常に高め

個人的には特に”近う寄れ寄れ”が難しい!

 

また、”貪欲な若葉”というワードは「Future」でも出てきましたが、これには隠された理由があります。

以前、何かの文章(ファンクラブの会報?)で翔くんが”貪欲な若葉”というワードを使おうとした際に、

”「Future」で使用したワードなので著作権的な問題で使えません。”と言われたそうです。

そのことに対して、”自分の歌詞なのに好きに使えないのが悔しい!”と思ったそうで、再び歌詞として登場させることで悔しさを晴らしたそうです。

 

7.Carry on[4:17]

作詞:村野直球、作曲・編曲:岩田雅之

 

少し暗い雰囲気から始まりますが、後半に向かうにつれて力を奮い立たせていくようなパワーがあります。

嵐は爽やかな曲だけど切ない歌詞というのはよくありますが、これはその逆パターン。

簡単に”頑張れ”なんて言わないけど、希望を信じて進んでいこうというメッセージソングです。

 

8.ROCK YOU[4:10]

作詞:youth case、Rap詞:櫻井翔、作曲・編曲:Takuya Harada

 

軽やかなピアノから始まる可愛くてジャズ調な曲。

 

この曲でたまらないポイントはやはりニノでしょう!

ラスサビ前に長めのニノのソロがありますが、そこの可愛さといったらありゃしない!

ちょいちょい可愛さぶっこんでくるから困っちゃいますよ。

この歌割りをニノにしたスタッフさん、ありがとうございます!

 

サクラップは、「Future」でもあったようにタイトルを1字ずつ読むやーつが使われていますね。

あとこれからも頻出の最後にディレイするやーつも!

宇宙 is YOU うちゅーいじゅー うちゅーいじゅー

 

9.Cry for you[3:58]

作詞:Axel G、Rap詞:櫻井翔、作曲:Jorgen Ringqvist・Jakob Ringbom、編曲:ha-j

 

ハードでぶっといギターが鳴り響くかっこいい曲。

系統としては「RIGHT BACK TO YOU」ですね。

 

このサクラップは結構推しです。

裏で鳴っているスクラッチ音も相まって間奏に向かっていく勢いが凄いです。

もともとラップを書くつもりでは無かったそうですが、レコーディングの際に急遽入れたくなって入れたとのことです。

  

10.Love Situation[4:08]

作詞:はしもとみゆき、作曲・編曲:Shinnosuke

 

きゅんきゅんするような恋心が描かれたダンスナンバー。

名曲「きっと大丈夫」を作曲されたShinnosukeさんの曲です!

 

紛うことなき神曲です。

 

この曲は、2013年に開催された「アラフェス'13」でアルバム曲ランキング第1位に輝きました。

魅力は大きく分けて以下の2つだと思っています。

  • ダンスバトルするように、2手に分かれて踊りまくる!
  • あざとすぎる歌の割り振り!

 

まず前者ですが、今でも鮮明に覚えています。

このアルバムを引っさげて行われた「Time」ツアーにて、私はアリーナ席で参戦しました。

この曲が始まる時、櫻井・相葉・二宮チームがメインステージに、大野・松本チームがバックステージに待機していました。

”何が始まるんだろう?”と思っていた矢先、どちらのステージも中央に向かって動き出しました!

櫻井チームはがしがし踊る!大野チームは歌う!

こんなラブリーな曲でめっちゃ踊るやん!どっち見たらいいんじゃあ!

と思っている間に攻守交代、歌と踊りが入れ替わります。

そして両ステージが私の真上に来てすれ違っていく!!!

もう何が巻き起こっているんだと!嵐が巻き起こっていると!

爽やかに歌う櫻井チームをよそに大野チームは踊りまくります。

ここまででも展開がドラマチックすぎて”最高だなぁ”と思っていました。

 

次に後者です。

間奏のダンスバトルが終わって、ついに5人が集結!

先頭に立つニノのパート。

言い出せなくても構わないなんて 恋する力に叶わないじゃない

 ぎょえええええ!!!

振り付け含め、あざとすぎやしませんか!この時期のニノほんっとにずるい!!

絶対「秘密」で味占めてますね。

残り4人がソロを回していって、最後に松潤

チカヅキタイ

ちーーーん。

もう脳のキャパオーバーです。キャパ超えシェフです。

この天才的な歌い回しは誰が決めたんですか?

どうやら、嵐はいつも全員が全パート歌ってからソロを割り振るらしいです。

つまり全員分の”チカヅキタイ”があるんですよ!!

聞きてぇ〜〜〜自分でディレクションしてぇ〜〜〜でも結局松潤なんだろうな〜〜〜!

 

そんな感じで、かっこいいダンスと可愛い歌どちらも楽しめる人気曲になっています。

 

11.風[4:21]

作詞:SPIN、Rap詞:櫻井翔、作曲:多田慎也、編曲:NAOKI-T

 

夏の終わりを感じさせる爽やかだけど切ない曲。

これも神曲と呼んでもいいですか?

 

「いつまでも」の際に語った多田さんの曲です。

ほんと天才なんだよなぁこの人。

このアルバムの中では目立つ方では無いと思いますが、私の好みドンピシャです。

 

サクラップは、「夏の名前」などと同様に風景描写で畳み掛けるタイプです。

ぶっちゃけ似たようなラップばかりですが、それでも大好きです。笑

それぞれの曲に合わせて微調整してますからね!

ラップの裏のストリングスがまたいいですねぇ。

 

落ちサビも5人のユニゾン。

すごく気持ちいい倍音が響いている気がします。

この5人の歌声が大好きです。

 

12.Be with you[5:10]

作詞・作曲:北浦正尚、編曲:ha-j

 

このアルバム唯一のバラード。

あんまり言い過ぎたくないけど、これも神曲で間違いありません

嵐のバラード曲の中でも屈指の名曲です。

これは是非ライブDVDを見てほしいです。

 

感極まって涙する相葉ちゃん。

優しく微笑む翔くん。

一生懸命歌う松潤。

吐息までわかるような歌い方のニノ。

君の声が その笑顔が その全てが

僕をいつも僕に返してくれる

ここまで心をぎゅっと締め付けるような大野くんの歌声は他にありません。

「嵐 Be with you」の画像検索結果

 

ずっと嵐と一緒に歩んでいこうと思える名曲です。

 

13.LIFE[5:05]

作詞:みうらともかず、Rap詞:櫻井翔、作曲:オーノカズナリ、編曲:石塚知生

 

翔くんが出ていた「エイブル」のCMソング。

奇跡を待つのではなく、自分の力で一歩ずつ歩んでいくことを歌った曲。

割といい曲なのにライブで披露されなくって寂しかった・・・。笑

 

このサクラップは歌詞の内容重視ですね。

ちゃんと言いたいことを言っている気がします。


14.アオゾラペダル[5:23]

作詞・作曲:スガシカオ、編曲:石塚知生

www.shibadrive.com

 

15.Everybody前進[4:08]

作詞:久保田洋司、作曲・編曲:Shusui・Stefan Åberg

 

4つ打ちでノリやすい前向きな1曲。

通常盤のみ収録されています。

 

松潤がこの曲大好きで、「Time」ツアーでは1曲目に披露されました。

通常版限定曲がライブ1曲目なんて後にも先にもこの曲だけなので、相当推しだったことがわかりますね。

私もライブで”えぇ〜これかい!”ってびっくりしました。笑

 

この時の衣装は、みんな右肩にでっかい羽を付けていてすんごく邪魔そうでした。笑

このときはまだまだアイドルしてたなぁ。(まんまるな翔くんを横目に) 

 

大野くんが振り付けを担当していますが、右手をあげながら行進するような振り付けが可愛いです。

 

Disc2 ※初回限定盤のみ収録

1.Song for me[4:21]- 大野智

作詞・作曲・編曲:R.P.P.

 

怪しいストリングスと鐘の音が響く緊張感のある曲。

私は大野くんのソロ曲でこれが1番好きです

 

キレのあるダンスはもちろんのこと、楽器の音数が少ないので大野くんの美声を存分に楽しむことができます。

ライブでは最後にとてつもないフェイク(歌詞には無いウォーー!ってやつ)をしていて、もう鳥肌ぶわぁです。

 

個人的にカラオケでも歌いやすくてとても気持ち良い曲です。

大野くんのように歌えるようになりたいです・・・!

 

2.Friendship[4:36]- 相葉雅紀

作詞・作曲:阿部祐也、編曲:湯浅篤

 

仲間の大切さを歌ったハートフルで心温まる曲。

この頃の相葉ちゃんはこういう方向性の曲が多いですよね。

これもしばらくは人気曲だったと思いますが、「Disco Star」あたりからまた流れが変わっていきます。笑

それはまだしばらく先のお話。

 

3.虹[4:27]- 二宮和也

作詞:二宮和也、作曲:多田慎也、編曲:三上吉直

 

ピアノ主体のバラード。

ニノ本人が作詞、大好きな多田さんが作曲をしています。

 

いやいや、破壊力高すぎますって・・・!

今作のニノは一体どうしちゃったんだ?開花しすぎでは?

ほぼピアノとニノの声で成り立っているので、ニノの儚い歌声がよく聞こえます。

 

コンサートでは1人で汗だくになりながらピアノと歌をやって弾き語りをしています。

そんなん尊すぎるじゃないですか!

衣装は、白シャツ・黒ベスト・赤パンツに何と言ってもメガネ!!!

最後のメガネ外す瞬間のたまらなさと言ったらもう言葉になりません。

当時中学生だった私は、またしてもこのニノに憧れて全く同じ服を買ってもらいました。(「秘密」ぶり2度目)

が、すれ違う他人に”赤・・笑”って笑われた瞬間に捨てました。

 

さらに個人的な話をすると、高校の音楽の授業で自分の好きな曲を発表する場があり、この曲を披露しました。

友達がピアノで、私は歌。それは割と好評でした。笑

 

歌詞の内容は、喧嘩するけどなんだかんだ好きな男女がなんやかんやで結婚する話です。笑
11thアルバム「Popcorn」に、この曲の続編「それはやっぱり君でした」が収録されています。

 

4.Can't Let You Go[4:26]- 櫻井翔

作詞・作曲:森大輔、Rap詞:櫻井翔、編曲:吉岡たく

 

「夢でいいから」と同様、甘い歌と色っぽいラップを楽しめる曲です。

ソファ使って踊るやつですな!

あんまり特筆するようなことはないです。

 

この時の翔くんめっちゃかっこいいけど、ライブでは何故かセンターわけの髪型で謎でした。

 

5.Yabai-Yabai-Yabai[3:52]- 松本潤

作詞・作曲・編曲:Takuya Harada

 

出た〜〜〜!!!

松潤史上最もポップでおバカで可愛い曲です。

一番尖ってたこの時期にこの曲やってたの推せるなぁ〜!

 

だって”VIVA myself!”だもんな。

威張って言うのはオレ最高

だもんな。

Image

 

これはライブの演出がすごくて、松潤が天井を歩くその名も”MJウォーク”が披露されました。

これはすごく話題になって、相当頑張ったと思われます!

体幹やばそうだもんな〜Yabaiなぁ〜。

 

ラスサビの”やっと気づいたぜぇっ!”が好き。